保育士試験受験者をとことん応援!ピアノ初心者の保育士さんの見方!

講座に関するQ&A

講座に関してこれまでにいただいたご質問をもとに、想定される疑問をQ&A形式で解説しました。お問い合わせの前にご一読ください。

Q:音楽はテキストに載っている楽譜でないと受講できないのですか?

いいえ。

テキストの楽譜は、ご自身で用意することが難しい初心者の方のために作成したものですので、その他の楽譜で練習している場合はそれをご持参ください。ただし、実技を見せていただいた結果、編曲について修正を提案する場合もあります。

 

Q:言語はテキストに載っている台本でないと受講できないのですか?

いいえ。

テキストの台本は、模範解答例として作成したものですので自作の台本でももちろんOKです。ただし、実技を見せていただいた結果、台本について修正を提案する場合もあります。また自作の場合、テキストの台本作成のポイント解説に沿って作成してください。まったく予習していないとわかる的外れな台本の場合、時間の都合で助言しきれないこともありますのでご了承ください。

※自作の台本で受講する方は、講師に提出用の台本コピーをご用意ください。

 

Q:受講者の合格率はどのくらいですか?

  • 音楽 100%
  • 言語  99.9%

※2010年~2015年・講座受講者約420名のうち

 

  • 得点の傾向(当講座の受講者のデータ)

音楽

33点~39点が最も多いです。40点以上は全体の28%程度です。これまでの最高得点は50点満点です。

 

言語

34点~39点が最も多いです。40点以上は全体の25%程度です。これまでの最高得点は50点満点です。

 

Q:グループレッスンのメリット・デメリットは?

  • メリット

自宅と異なり、周囲を気にせず思いきり声を出せる環境や、初対面の人の前で演じる環境は、講座を受講しなければ、自分で用意することができません。独りでは実現できない環境を提供し、さらに適切なアドバイスと本番に備えた予行演習ができる点が、グループ学習のメリットです。さらに、受験者間の交流ができる点も、大きなメリットでしょう。お互いの存在が、練習のモチベーションアップにつながります。

 

  • デメリット

1人当たりの実演時間が、個人レッスン(※)と比べれば当然少ないです。しかし、個人と集団では目的が全くちがいますから、比較の対象にはならないと考えます。個人レッスンでは用意できない環境・体験をご用意しています。それは、上記メリットに書いたとおりです。

※2016年は講師の都合により個人レッスンは開講しません。何卒ご了承ください。

 

Q:何回くらい受講したらよいでしょうか?

  • ちょっと確認コース

1回(人前での実技を体験してみる)

※ただし模擬試験のみのお申し込みはできません。試験本番の流れは、通常の授業内で、仕上げとして1度体験する機会を設けます。

 

  • 標準コース

2回(初回でアドバイス+2回目(模試)で仕上げ)

 

  • 念入りコース

3回(初回:アドバイス、2回目:経過確認、3回目:仕上げ(模試))

 

このように、ねらいを持って回数を設定してみてはいかがでしょうか。もちろん4回以上の受講も自由です。回数に制限はありません。各受講者さまの受講回数に応じて柔軟に授業を展開していきますのでご安心ください。お申し込みは先着順ですので、ご自由に組み合わせてご利用ください。

Q:教材を一通り読み、動画も視聴しましたが、講座当日までに上手くできるようになる自信がありません。上手くできるようになるまで受講を遅らせた方がよいでしょうか?

いいえ!

その必要は全くありません。むしろ試験直前になってからの初参加ですと、早くから通っている方と比べて完成度に開きが出てしまいます。ひとまず、テキストと動画を一通りご覧になり、解説を頭で理解できた段階で、なるべく早めに初回を受講してください。上手にできる必要はありません。とりあえず理解はできて、がんばっているけど、まだ上手くいかないという段階で充分です。試験本番までの練習時間が長いほうが良いので、早い段階での初回受講をおすすめします。

Q:自分の番が来るまで、ただ座って待っているのですか?

いいえ。

当講座は『全員参加』です。会場に集まって個人レッスンを数分ずつ順番に行うのではありません!

他の受講者を見ていてあげることも皆さまの役割のひとつです。反対に自分の番がきたときは、他の受講者に見ていてもらうのです。人の視線を感じながら演じることが、保育の技術を身に付けるうえで必須なのです。そもそも保育は人前でするものですから。

また、他の受講者に対するアドバイスは自分には関係ないと思わず、全て聞いて、ご自身の実技に活かしてください。自分の番が来るまで、他の受講者の実技とアドバイスを聞きながら、イメージトレーニングをして参加してください。よそ見をしているヒマはありませんよ!それに、他人の番だからと、じーっと黙っている必要もありません。いつでも自由に質問・発言してください。少人数ですから、ワイワイ楽しくやりましょう!

Q:教材を買わないと受講できないのは何故ですか?自分は保育やピアノ等の経験があるので、教材を買わずに講座だけ受講したいのですが。

当講座は、先着順ですので、毎回異なるメンバーでの授業となります。すると、すでに複数回受講している方と、初回受講者が同席になることもしばしばです。2回目以降の方は、初回者がいるたびに、同じ解説を聴くことになり、それはそれでメリットもあるのですが、できれば解説を聴くなどの自宅でできることは各自で予習してきてもらい、会場では、そこでしかできない学習(人前での実技)に多くの時間とエネルギーを費やすほうが、より有意義な授業になるとの考えで、教材での予習を必須としました。

 

これまでの講座を振り返ると、ピアノやお話の上級者にも初心者と共通してアドバイスすべき点が必ずありました。教材では、経験や技術レベルに関係なく共通で必要な内容を解説しています。「わたしはできる」と思わずに、まずは教材で学習していただきたいと思います。また、もし本当によくできる方であれば、当講座は必要ないかもしれません。たとえば、ステージでの演奏・演劇など人前で演じることに慣れている方や、すでに音楽講師をされている方などには不要な講座かもしれません。

開講案内は以上です。お申し込みの決心はできましたか?みんな独りで申し込みます。心配や不安があるのもみんな一緒です。不安そうに訪れても、帰りはみんな笑顔になっています。最後までとことん応援します!どうぞ楽しみにお申し込みくださいね(^^)

皆さまのお越しをお待ちしています!