保育士試験受験者をとことん応援!ピアノ初心者の保育士さんの見方!

受講の準備と持ち物

教材について

当講座は、ながみね作成の教材にて学習する方を対象としています。指定の教材をお買い求めのうえ、予習をお願いします。

詳しくは要項と実技試験教材のページをご覧ください。

音楽・言語・模擬試験・共通の持ち物

  • 筆記用具 
  • テキスト(製本版またはPDFのプリントアウト、どちらでも可)
  • 楽譜・台本(市販または自作も可)
  • 受験番号をメモしてくる(筆記試験と同じ番号です)
  • 録画機器…ビデオカメラ、デジカメ、スマホ、タブレット、携帯電話等

動画機能のあるもの、なんでもOKです。メモリ空き容量を事前にご確認のうえ、ご準備ください。

みなさんご自身の、演奏やお話の表情、それに対するアドバイス等を中心に撮影し、持ち帰っていただきます。

受講後の復習に、大変役立ちます。受講の効果が格段にアップし、ぐんぐん上達します。録音よりも録画の(映像が見られる)ほうがオススメです。

※Webへのアップロードや公開などは厳禁。あくまでも受講者の学習目的限定です。

音楽の楽譜について

○使用する楽譜は各自で用意してきてください。ながみね教材の楽譜でなくてもOKです。その場合はご使用中の楽譜をお持ちください。コピーの場合は、ノートや厚紙に貼って、安定させてください。

 

○持参した楽譜でよいか、手直しまたは変更が必要かなどは、参加当日に、各自にアドバイスいたします。ピアノが初めての方は、ぜひながみね教材の楽譜をご利用ください。試験は想像以上に緊張します。普段できることができなくなったりしますので、普段なら簡単に弾けるというレベルのものを選びましょう。

 

○初めて受講する際は、まだ完全に弾き歌いできなくても大丈夫です。まずは歌を中心に、できるところまで頑張ってきてください。(例:講師伴奏に合わせて笑顔で元気に歌う・うた&片手でゆっくり、など)

 

言語の台本について

○使用する台本は各自で用意してください。

ながみね教材の台本をそのまま使用してもOKです。ご自身で作成したものや市販のものでも構いません。持参した台本でよいか、手直し等が必要かなどは、参加当日に、各自にアドバイスもいたしますが、台本作成のポイントを予習したうえで作成してください。

 

○ながみね教材以外の台本を使用する方は、提出用コピーを1部ご用意ください。

わたしも同じ台本を見ながらアドバイスしたいので、ご準備お願いいたします。

模擬試験の準備

  • 受験番号をメモしてきてください。
  • 楽譜、台本も忘れずに!

※言語の試験本番は台本持ち込み不可ですが、待ち時間は自由に過ごせますので、持参しましょう。

 

休憩時間のご飲食について

各講座の前後の休憩時間に、飲食OKとします。
ただし軽食(手で食べられる程度のもの)のみ可とします。ドリンク類は蓋のついたもの(ペットボトル・水筒など)のみ可とします。ゴミは捨てられませんので各自でお持ち帰りください。